写真を撮る日々

写真について自分が思う事、感じる事を書いてます。飽き性なのでいつ辞めるか解りませんが・・・

継続

このブログで度々書いているシンプルという言葉。これは私にとってのテーマであり、世の中で継続して良いと思えるもののほとんどはシンプルなものだと実感している。私的には撮る写真にしてもカメラ構成、考え方もシンプルにする事で本質に近づける気がするし、そういう考え方で日々を過ごしたいと思うが、実際はついついゴチャゴチャしてしまって継続できない自分がいる。シンプルを継続するのは難しい。

 

f:id:kt-photo:20170923073736j:plain

広告を非表示にする

Sonnetar 50mm F1.1

久しぶりにレンズを購入。宮崎光学 MS-OPTICAL のSonnetar 50mm F1.1(以下ゾンネタール)。実はこのレンズ、かれこれ3年近く探していたが、もともと生産数が少ないので新品では手に入らず中古でもなかなか出回らないので、ようやく手に入れた。少し前に1つ出物があったがタッチの差で購入できなかったので今回は運良くいいタイミングだった。まだ撮ってないのでどんな写りかは解らないが、以前調べた感じでは私が大好きなズマリット50mm F1.5に近い感じがするので非常に期待している。

 

50mmのF1.1というスペックは私が以前所有していたことがあるフォクトレンダーのノクトン50mm F1.1があり、こちらであれば比較的手に入れやすいが、かなり大きくて重いレンズなので写りどうこうよりも扱いにくく撮ってて楽しくなかったので手放した経緯がある。今回手に入れたゾンネタールはかなり小ぶりで重さもフード込みで210gとノクトンに比べて約半分の重さしかない。一眼レフを使っていた時にはどんなに重かろうがそういう物と思って撮っていたが、今の自分の撮影スタイルを考えると軽さとコンパクトさは欠かせない条件となっている。

 

これで手持ちの50mmレンズは

 

ゾンネタール50mm F1.1

ズマリット50mm F1.5

ズミクロン50mm F2

エルマー50mm F3.5

 

の4本となった。もともとライカM9やライカMモノクロームなフルサイズセンサーや、ライカM3、M7などのフィルムカメラで使う前提で50mmレンズを増やしていったが、ライカM8で使うと35mm換算で約66mmとなる。私が一番好きな画角50mmに近いということであれば35mmレンズであれば35mm換算で約46mmなのでより近くにはなるが、50mmより広角になるのがあまり好きではなく、さらに広角で撮るならライカ以外のカメラを使うので、ライカM8でも中望遠よりになる50mmレンズを使うことが多い。

 

久しぶりにカメラやレンズの事を書いてみたが、正直細かい描写や難しいスペック的な事は私には解らないし解ろうともしてない。自分が使いたいカメラとレンズを使って、なんとなく自分好みの雰囲気で撮れればそれでいい。

 

f:id:kt-photo:20170914180842j:plain