写真を撮る日々

写真について自分が思う事、感じる事を書いてます。飽き性なのでいつ辞めるか解りませんが・・・

カメラ選び

f:id:kt-photo:20180907030618j:plain

ここ最近、国内カメラメーカーの新製品発表・情報リークのラッシュで盛り上がっている。下に紹介した製品以外にもパナソニックがフルサイズミラーレスカメラやソニーの新しいフルサイズミラーレス、富士フイルムの中判ミラーレスGFXの後継機、ペンタックスも何かの発表をひかえていると言う噂もある。

 

キヤノン:EOS R | 概要

Z 7 - 概要 | ミラーレスカメラ | ニコンイメージング

Z 6 - 概要 | ミラーレスカメラ | ニコンイメージング

FUJIFILM X-T3 | 富士フイルム

 

特にキヤノンニコンへの注目度は非常に高く、それぞれのスペックを比較して賛否両論が沸き起こっているのをネットで見かける。私が先日購入した富士フイルムのX-H1も、昨日X-T3が発表された事により購入後数日で既に「1つ前」の機種となる。これに関しては買う前から分かっていた事だし、新製品が出るからこそキャッシュバックなどのキャンペーンで安く買えたので、タイミング的には非常にありがたかった。カメラの選び方なんて人それぞれなので良いとか悪いとかの問題ではないが、スペック至上主義では無い私にとってはA社とB社を比べてどうこう・・・というのはまったく興味が無い。私がカメラ選びで求めているのは「こういう写真が撮りたい」という大前提があった上で「このカメラで写真を撮って遊びたい」とか「使ってて楽しい」とか具体的に言葉や文章で書けるような感じではなくフィーリングの感覚なので、まぁまぁ厄介。スペックで選ぶのであればほとんどの内容が調べれば事前に把握できるので大外れは無いと思うが、フィーリングで選ぶ場合はある程度使ってみないと分からない事がほとんどなので、いざ購入して使ってみて「何か違う」という事もある。あとは我慢して使い続けるのか、我慢しないで次の機種へいくか・・・という選択になる。X-H1は購入後に出来るだけ持ち出して撮っているが、今のところかなり気に入っている。