写真を撮る日々

写真について自分が思う事、感じる事を書いてます。飽き性なのでいつ辞めるか解りませんが・・・

ヘクトール135mm F4.5

f:id:kt-photo:20180205072640j:plain

Leica M8 + Hektor135mm F4.5

 

 

ライカのレンズは50mmを中心とした標準レンズから、それよりも広角側のレンズは非常に人気があり価格もピンキリだが、50mmよりも長い焦点距離、いわゆる中望遠レンズは人気がなく程度にもよるが中古であれば意外に安価で買えるものも多い。という事でまたまたレンズを買ってしまった・・・それがタイトルのヘクトール 135mm F4.5。

 

レンジファインダーの性質上、望遠系は正確なピント合わせが難しくなるのが人気がない1つの理由だと思うが、今ではライカM240をはじめライブビューができるM型も増えているので液晶モニターを見ながらピント合わせをすする事も可能になった。ただ私が使っているライカM8はライブビューは使えないので、ファインダーを見ながらの撮影となる。

 

今回購入したヘクトール 135mm F4.5は価格が1万円ちょっと。お世辞にも程度がいいとは言えないが、試し撮りをしてみた感じでは私の使い方では全く問題なし。シリアルナンバーで調べると82年前のレンズ。コレクターではないので詳しいことは解らないが、こんな古いレンズが今でも使えるというのが面白い。一眼レフの中望遠レンズと比べるとはるかに小ぶりながら、やっぱりかなり大きく重く、ライカ M8で使うと35mm換算で約180mmの画角なので使い方はある程度限定されそう。