写真を撮る日々

写真について自分が思う事、感じる事を書いてます。飽き性なのでいつ辞めるか解りませんが・・・

車を買い替えてから2ヶ月

車を買い替えてから2ヶ月

 

以前乗っていたのは中古で買ったSUBARUインプレッサGDB-C型。もともとWRC世界ラリー選手権)が好きだった事もあり、どうしても1度は乗りたかった車でした。2000ccと決して大排気量ではないが、パワーはもちろんレスポンスの良さが乗ってて気持ちよかった。

 

f:id:kt-photo:20161026040846j:plain

 

乗り換えた理由

 

大変気に入ってた車でしたが、13万キロを越える走行距離と初年度登録から10年以上経過した事による税金の増加、夏タイヤ冬タイヤともに買い替えが必要なタイミング、車検のタイミングなどが重なり、車検を通す費用と今後乗り続けるコストを考えると、そろそろ買い替えかな?という思いが勝って手放す事に。

あと、これが一番大きい原因かもしれないが、このインプレッサの前の車もMT車で、この13年間MT車を乗り続けていたので、そろそろAT車でも良いかな?って。

 

 

ランニングコスト

 

私の場合、年間走行距離が概ね15,000km。インプレッサの燃費が私の乗り方で平均7.5km/Lなので、年間のガソリン消費量が2,000リットル。ハイオク仕様なので住んでいる地域のガソリン価格で計算すると・・・

 

年間走行距離 15,000km

平均燃費   7.5km/L

燃料価格   133円/ハイオクガソリン

年間消費量  2000L

年間燃料代  266,000円

 

新しく買い換えた車は1,500ccのディーゼル車。これを同じ条件で計算すると

 

年間走行距離 15,000km

平均燃費   20km/L

燃料価格   95円/軽油

年間消費量  750L

年間燃料代  71,250円

 

なんとその差が194,750円。これ計算した時に買い替えスイッチが入りました(笑)

それ以外にも維持費として保険料の差(インプレッサは保険料率クラスが高く、車両保険等がバカ高い)やタイヤ、ブレーキパッド等の消耗品の価格差を考えると、年間で20万円以上のコストダウンとなりました。

 

 

マニュアル車は楽しい

 

今回の買い替えはコスト面では大変満足ですが、乗り物の魅力として考えるのであれば、私的にはやっぱりオートマ車よりマニュアル車の方が圧倒的に楽しいと思う。これは私がカメラに対する考え方と似ていて、車を目的地に移動するための手段・道具として考えればオートマ車の方が楽だし快適です。でも、車の移動中も楽しみたいと考えると、マニュアル車の方が操ってる感があり絶対楽しい。

カメラであれば、快適に素早くキレイな写真を撮りたいなら最新のカメラの方がオートフォーカスも速いし連写もできるし機能も満載だし絶対に良い。でも、撮る動作を楽しむならシンプルな操作でピント・絞り・シャッタースピードなど自分で操れるほうが楽しい。失敗だらけですが・・・

 

f:id:kt-photo:20161026045946j:plain